資産管理方法がしっかりしているか?

FX取引では証拠金をFX会社に預けながら取引を行うことになりますので、そのブローカーがちゃんとした資金管理方法を採用しているかも必ず確認しなければなりません。
資金管理がずさんだったことで顧客の資金が消滅したビットコイン事件は世間を騒がせましたが、この事件も会社の事業資金と顧客資金を分別せずに管理していたことが原因となりました。本来、証拠金は預託金であるため会社の事業資金口座とは別の銀行口座等で管理されなければなりません。
したがって、
(1)     分別管理されているか?
(2)     信託保全されているか?
をチェックしなければなりません。
最低限(1)の分別管理がなされていることが確認できなければなりません。この場合は、顧客資金管理口座として銀行やその他金融機関の口座で管理されるわけです。信託契約による口座ではないため資金は完全にFX会社から分離されていませんが、通常一般的に採用されている管理方法です。
そして、(2)の信託保全ですが、これは銀行との信託契約に基づく口座であるため、資金が銀行に信託され銀行が所有者となるため顧客資金はFX会社から完全に分離され、万が一FX会社が倒産しても顧客資金は守られ、顧客は銀行から資金を引き出すことができるので最も安心できる管理方法です。

この資金管理方法は各FX会社のサイトでも公表されていますが、その裏付けを自分自身でとることは非常に困難です、なぜなら、裏付け情報はすべて海外もので英語であるため理解できないからです。