ゼロカット制度が海外FX口座のポイント

スイスフランショックにより、多くの人が資金を失い、多額な追証の支払いが生じています。

私はたまたま被害にあいませんでしたが、明日は我が身です。

前々から気になっていた海外のFX口座。

ハイレバレッジがとても魅了的でしたが、移行する一番の決め手は追証なしのゼロカット制度でした。

大きく値が動き、損切りが間に合わなかった時、

日本のFX口座では損失分を支払う必要があります。

しかし、追証なしのゼロカット制度であれば、その損失分を払う必要がありません。

海外のFX口座が保証してくれるのです。

なので、スイスフランショックのような大きな値動きがあったとしても、

海外のFX口座を使用していれば、証拠金以上に損失を出さず、借金などを抱えなくてすむのです。

多くの海外FX口座はこの追証なしのゼロカット制度を導入しているので、

たとえハイレバレッジで取引をしなくても、大きなメリットが受けられます。

海外のFX口座を使うメリットとは

ついこの間、日本のFX口座から海外のFX口座へメインの取引を移しました。

いろいろなサイトを調べ迷いに迷いましたが、決め手となったのは1月のスイスフランショックです。

あの事件?があったので急いで海外FX口座を開設し、資金を移動していきました。

移して直ぐはやはり、慣れない部分もあったので使いにくい部分や心配な部分もありましたが、今となってはなぜもっと早く移行しなかったのかと少し後悔しているぐらいです。

そんな私のような後悔する人を増やさないためにも、

様々なメリットやデメリットを紹介していきたいと思います。